「ある中学生の作文」


「ある中学生の作文」


 浄土真宗の僧侶でありまた、教育者として偉大な業績を残された方に東井義雄先生という方がおられます。

 集井先生の著書に、「元服」と題したある中学生の男の子の作文が紹介されています。

 私はこの作文を読む度に、いつも深い感動を覚えるのですが、今回はこの作文をご紹介したいと思います。


 「元服」
 僕は、今年三月、担任の先生にすすめられて、B君と二人、ある高校を受験した。

 その高校は私立ではあるが、全国の優等生が集まってきている、いわゆる有名高校である。
 担任の先生がら「君たち二人なら絶対大丈夫だと思う」と強くすすめられたのである。
 ぼくらは得意であった。父母も喜んでくれた。先生や父母の期待を裏切ってはならないと、僕は猛烈に勉強した。

 ところが、その入試で、B君は期待通りパスしたが、僕は落ちてしまった。
 得意の絶頂がら奈落の底へ落ちてしまったのだ。
 何回がの実カテストでは、いつも僕が一番でB君がぞれに続いていた。ぞれだのに、ぞの僕が落ちてB君が通ったのだ。

 誰の顔も見たくないみじめな思い。父母が部屋に閉じこもっている僕のために、僕の好きなものを運んでくれても、やさしい言葉をがけてくれても、ぞれがみんなよけいしゃくにさわった。
 何もがもたたき壊し、引きちぎってやりたい怒りに燃えながら、ふとんの上に横たわっているとき、母が入ってきた。

 「B君が来て下さったよ」と言う。
 僕は言った
「母さん、僕は誰の顔も見たくないんだ。特に、世界中で一番見たくない顔があるんだ。世界中で一番いやな憎い顔があるんだ。誰の顔が、言わなくたってわがっているだろう。帰ってもらっておくれ」
 母は言った。
「せっかく、わざわざ来て下さっているのに、母さんにはぞんなこと言えないよ。あんた達の友達の関係って、ぞんなに薄情なものなの。ちょっと間違えば敵昧方になってしまうような薄っぺらいものなの。母さんにはB君を追い返すなんてできないよ。いやならいやでソッポ向いていなさいよ。ぞしたら帰られるだろうから」と言っておいて母は出ていった。

 入試に落ちたこの惨めさを、僕を追い越したことのない者に見下される。

 こんな屈辱ってあるだろうかと思うと、僕は気が狂いそうだった。

 二階に上がってくる足音が聞こえる。ふとんをがぶって寝ているこんなみじめな姿なんが見せられるが。胸を張って見据えてやろうと思って、僕は起き上がった。

 戸があいた。中学の三集間、B君がいつも着ていたくたびれた服のB君。涙をいっぱいためたB君が。くしゃくしゃの顔で
「A君、僕だけが通ってしまってごめんね」
 やっとぞれだけ言ったかと思うと、両手で顔をおおい、がけおりるようにして階段を下りていった。

 僕は恥ずかしさでいっぱいになった。
 思い上がっていた僕。いつもB君には負けないぞと、B君を見下していた僕。

 この僕が合格して、B君が落ちたとして、僕はB君を訪ねて「僕だけが通ってしまってごめんね」と泣いて慰めにいっただろうか。

 「ざまあみろ」と、よけい思い上がったに達いない自分に気がつくと、こんな僕なんが落ちるのが当然だったと気がついた。
 彼とは人間のできが達うと気がついた。通っていたら、とんな恐ろしい、ひとりよがりの思い上がった人間になってしまったことだろう。

 落ちるのが当然だった。落ちてよかった。本当の人間にするために、天が僕を落としてくれたんだと思うと、悲しいけれとも、この悲しみを大切に出直すぞと、決意みたいなものがわいてくるのを感じた。

 僕は今まで思うようになることだけが幸福だと考えてきたが、B君のおかげで、思うようにならないことの方が、人生にとって、もっと大事なことなんだということを知った。昔の人は十五歳で元服したという、僕も入試に落ちたおがげで、元服できた気がする。

 以上のような作文であります。

 受験に失敗したA君が、ぞれをただ悲しい不幸な出来事として終わらせるのではなく「落ちてよがった、落ちたおがげで」と、ぞの失敗をしっがりと両手で受け止め、「思うようにならないことの方が人生にとってもっと大事なことなんだ」と、その悲しみを苦しみを転じて、たくましく立ち上がっていくそのすばらしい智慧に、私は深い共感と感動を覚えるのであります。

 そして、このA君の心を転じさせたものは、B君が巧まずしてとった行動によるものでありますが、私はこのB君のやさしい仏さまのような人柄にも強く心を打たれるのであります。

 このA君の「失敗を恵みに転じていく」智慧は、まさにお念仏のみ教えに相通ずるものがあるように思います。

 親鸞聖人は「円融至徳の嘉号(南無阿弥陀仏)は悪を転じて徳となす正智」とおっしゃっておられます。

 私はいつもこのお言葉を「お念仏はわが身に振りかかるいかなる苦しみをも喜びに転じていく智慧が恵まれるのだ」と昧わっています。

 お念仏のみ教えに出会えば、この人生が自分の思い通りになるということではなく、思い通りにならないことすら恵みとして受け取っていける智慧が備わるのだということであります。

 お念仏に生きた因幡の源左さんという方は、ぞの生涯をとんな時でも「ようこぞようこぞ南無阿弥陀仏」と過ごされたぞうです。

 それは「私の人生に何が来ても構いません。ぞのすぺてがお念仏を喜ぶ尊いご縁です」と、一切を喜びに転じて、この人生を生き抜がれました。

 一度きりの「いのち」を恵まれ、いつ終わっても不思議でない「いのち」を抱えている私たちです。出来得ることなら、この人生を豊がに、この「いのち」を輝がせて生き抜きたいものです。

 そのために、何よりもまずお念仏のみ教えに出会うことが大切なことだと思います。

 お念仏のみ教えは必ずや、あなたの人生に喜びの灯をともし、たくましく生き抜いていく智慧を与えて下さいます。
                      南無阿弥陀仏   合掌



「テレフォン法話」開設中 0897(53)4585