今月の法話

「無償の愛」




「無償の愛」

 「次郎物語」の作者として、多くの人に親しまれた小説家に下村湖人という方がおられます。
 彼の著書「心窓をひらく」という作品の中に「お母さんのかんじょう書き」という、一節があります。
 今回はその中の一節をご紹介します。

 …進君という少年が、学校へ出かける時、前夜書きつけた紙片を二つに折って、お母さんの机の上にそっとおいて、学校へ出かけていきました。
 その紙(紙片)には次のように書いてありました。

*かんじょう書き
1.市場にお使いに行きちん 10円
1.お母さんのあんまちん 10円
1.お庭のはきちん 10円
1.妹を教会に連れて行きち 10円
1.婦人会のときのおるすぱんちん 10円
ごうけい  50円
お母さんへ


 進君のお母さんはこれをごらんになってニッコリなさいました。そして、その日の夕食の時には、今朝のかんじょう書きと、50円が、ちゃんと机の上に乗っていました。
 進君は大喜びで、お金を貯金箱に入れました。
 その翌日です。進君がご飯を食べようとすると、テーブルの上に一枚の紙があります。
 開いてみると、それはお母さんのかんじょう書きでした。

*お母さんのかんじょう書き
1.高い熱が出てハシカにかかった時の看病代 ただ
1.学校の本代、ノート代、エンピツ代 みんなただ
1.まいにちのお弁当代  ただ
1.さむい日に着るオーバー代  ただ
1.進君が生まれてから、今日までのおせわ代 みんなただ
ごうけい  ただ
お母さん
進君へ


 進君はこれを見た時、胸がいっぱいになって、大粒の涙がもう少しでこぼれそうになりました。そして、これからは、どんなにお手伝いしても、お金はいらないと思いました。

 大好きなお母さんのためには、自分のできることなら、何でもしてあげようと思ったからです。

 世界でたった一人の大事なお母さん。こんなすばらしいお母さんを与えて下さった神さまに、進君は心から感謝しました…。

 以上のような一節であります。

 この作品の主人公である進君は、普段から大変親孝行な少年であったように思います。

 そして、進君はごく自然に、親孝行の見返りを、お母さんに、お金で求めたのです。

 お母さんは進君のその求めに快く応じながら、さらに「見返りを求めない世界」「お金を越えた世界」のあることを、進君に教えたのです。

 親が子を思う世界。まさにそれが「見返りを求めない世界」であり、「お金を越えた世界jであります。

 進君は、そんなお母さんの大きな暖かい愛情に包まれてあることに、深い喜びと感動を覚えたのです。

 この見返りを求めない心を「無償の愛」と言います。

 そして「無償の愛」は相手をいつも自分のことのように見ていくところに生まれます。

 自分のことのように見ていくということから、「同体の慈悲」とも言います。

 仏さまの「大悲」と言われるお心は、まさしくこの「無償の愛」のことであり、「同体の慈悲」と呼ばれるお心なのです。

 ところが、私たちの日暮らしはどうでしょうか。お金を軸に、損か得か、そんな「見返りを求める世界」を走り回っています。

 そんな私たちにとって、何より大事なことは「見返りを求めない世界」「お金を越えた世界」の尊さに目覚めていくことではないかと思います。

 そして、その目覚めを促して下さるお方こそ仏さまだと、私は思うのです。

 「無償の愛」「同体の慈悲」と呼ばれる仏さまのお心にふれた時、私たちは進君と同じように深い感動と喜びを覚えずにはおれなくなるのです。

 そして、その深い喜びと感動は、思い通りにならないこの人生に、きっと大きな勇気と希望を与えてくれるものになると思います。

 どうか、これからも繰り返し繰り返し、仏さまのお心を聞き開き、喜びと感動の人生を送って頂きたいと思います。

 最後に覚如上人のお歌をご紹介します。

「あわれみをものに施す心よりほかに仏の姿やはある」

       南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏    合掌


「テレフォン法話」開設中 0897(53)4585


RealAudioを聴けない方はこちら