「我以外皆我諸仏」  −年頭に寄せて


    「水のはじける音」

  まるで夢のような朝だった
  必要(いら)ないものはすべて存在しなかった
  私はただ
  自分の存在と共にあり
  あらゆるものが
  美しく輝いていた
  世界が変わったのではない
  ふと私が変わったのである
  ただそれだけのこと
  何の理由もいらない
  私が変わるということ


 この詩は産経新聞、 「朝の詩」に掲載されたもので、作者は25歳の女性です。

 彼女はある朝突然、周りの様子が一変している光景に出会い驚きます。

 それは、身の周りにある、あらゆるものが光り輝き、何一つ不要なものはないというものでした。

 昨日まで当たり前のように眺めていた同じ光景が、今光り輝いているのです。

 何故そのようなことが起こったのかというと、彼女は「自分が変わったからだ」と言っています。

「自分が変われば、周りの世界がこんなにも違って見えるのか」……、この詩はそんな彼女の深い感動が躍動しています。

 果たして、 「自分が変わる」とは、どのように変わることでしょうか、ここで私たちの日暮らしを通して考えてみたいと思います。

 私たちは、さまざまな人間関係の中で日暮らしをしていますが、よく周りの人と衝突(揉める)します。

 衝突は、 「自分は正しい,相手が間違っている」ということから起こります。

 ですから,一度衝突すると、相手が折れない限り解決しません。

 ところが、よーく考えてみますと、相手も同じ様に「間違っているのは相手の方だ」と思っていますから,もちろん自分の方から謝ったりはしません。

 かくして,その操め事は延々と続くことになるのです。

 しかし、衝突しっぱなしではいつまでもシコリが残ります。

 そこで私たちはよく、次のような謝り方をします。

「そりやー、ワシも悪かったかも知れんが,しかしあんたも、もうちょっと考えてもらわにゃー……」

 私たちの謝り方はこの程度なのです。

「自分も悪いが、相手も……」

 こんな謝り方では、本当に自分が悪かったなどとは思っていないのです。

 それが証拠に、そんな謝り方をして、相手が「やっぱりあんたのはうが悪かったじゃないか」と言われたらどうですか。

 途端に「何を!生意気なことを言うな」ということになるはずです。

 ことほど私たちは「自分は正しい。間違っておらん」という思い(我執)を捨てることが出来ないのです。

 まことに、愚かでありながら愚かであることに気づかない。それどころか賢いとさえ思っている。

 それが私たちなのです。

 まさに「頭の下がらない」日暮らしを続けているのです。

 そんな私が「自分を変える」にはどうすればいいのでしょうか。

 それは、 「その生き方は間違っていますよ」と教えてくれるものに出道う以外ありません。

 親鸞聖人は「それを教えて下さるお方が阿弥陀さまですよ」とお示しくださいました。

「愚かな者こそ救わずにはおれない」……この阿弥陀さまの大悲と呼ばれるお心に出道えば、間違いなく「愚かな自分」が見えてきます。

 見えれば当然、 「愚かな私です」と頭が下がります。

 その頭が下がった時、 「自分が変わった」と言うのです。

「自分が変わる」というのは、何も、賢くなったり、立派な人間になるということではないのです。

 ただただ、愚かな自分に目覚め「頭が下がる人間になる」ということなのです。

 つまり、 「頭が下がらない生き方」から、 「頭が下がる生き方」に転じられることを言うのです。

 こうして、ひとたび頭が下がれば、周りの世界が一変するのです。

 藤田徹文先生は、

「お念仏のみ教えに出道って、ものの見方が正されてくる時.私の周りには、何と多くの仏さまがおってくださったことよと、驚かずにはおれません」

と仰っていますが、まさにこのことを語っているのです。

「自分の生き方は間違っておらん」と、自惚れ、頭が下がらなかった時には、決して見えなかった世界です。

 周りが変わったのではないのです。こちらが変わることによって、周りが全く遣って見えてくるのです。

 冒頭の詩の作者が「世界が変わったのではない、私が変わったのである」と言っています

 が、やはり同じ様なプロセスを踏んだのだと思います。

 私たちにとって、 「自分を変える」ということは、本当に難しいことではありますが、この一年、お念仏という確かな教えを拠り所にしながら、何事に出くわしても「自分を変える」という努力を惜しまないようにしていきたいものです。

 そうすれば、何時の日かきっと、私の周りにある、ありとあらゆるものが光り輝き、何もかもが私にとってなくてはならない、そんな素晴らしい世界が実現すると思います。

 その時、 「この世界は、 『我以外皆我諸仏』 (私の周りは、みんな私を導き育てて下さる仏さまである)だったんだな-」という深い感動に包まれた人生が開かれてくるのです。


「テレフォン法話」開設中 0897(53)4585


法話を聴くためにはフラッシュのプラグインが必要です。