法話をお聞きになる時は、プレイをクリックして下さい。

「人生劇場の楽屋」 H21.8放送

「楽屋はあるのでしょうか」と題した次のような詩があります。

―楽屋はあるのでしょうかー  寺島キヨコ

   楽屋があって
   ごくろうさん と言って
   もらえればいいのに

   悪い役をかった人も
   いい役をかった人も
   ともに
   ごくろうさん と言って
   もらえる場所があればいいのに

   すてきな名優がよって
   すてきな芝居をしているのだったら
   いい役も悪い役も
   かすが 残らないのだったら
   いいのに

 舞台が終わって楽屋に戻れば、悪役も善人役も、お互いに「ご苦労さん」、「お疲れさん」
と言葉をかけあいます。

 役が終われば善人も悪人もいません。

 ちなみに、水戸黄門の舞台の楽屋を覗いて見ますと、、、、

 悪代官「いやー、今日は暑いですなー。黄門さん、ビールでも一杯どうですか」
 黄門さま「ほぉー、そりゃーいいですなぁ。ウワッハッハッハ・・」

 こんな楽しい光景が繰り広げられているかもしれませんね。

 上掲の詩の作者は、そうした舞台の楽屋にことよせて、実生活で良い役を与えられた人も、悪役に回った人も、人生が終われば「ご苦労さま」とその労をねぎらってくれる、そんな楽屋があって欲しいと願っています。

 思えば、私たちは人生劇場という舞台で、さまざまな役を演じてきました。

 この私は、檀家さんの前では「光明寺住職」という役を仰せつかっています。また、家庭内にあっては「夫、父親、祖父」の役を与えられています。いずれ、病人の役、死んでいく役も引き受けなければならないでしょう。

 清沢満之先生は「如来は汝がために必要なるものを、汝に賦与したるにあらずや」と仰っています。

つまり、この人生劇場で私たちに与えられた役は、私にとって必要だから与えられているのです。
そうであるならば、その役を素直にいただき、その役に徹することが、私たちにとって何より大事なことだと思います。

そうして、どんな役を与えられたとしても、この人生劇場の役が終われば、「長々、お役ご苦労さん。また逢えてよかったですね」と言える、心温まる楽屋が用意されているのです。

 その人生劇場の楽屋こそ「お浄土」という世界なのです。

まさに、「倶会一所」(ともに一所で会う)、「凡聖逆謗斉回入」(あらゆる人々を斉しく摂めとる)の世界であります。




「テレフォン法話」開設中 0897(53)4585


法話を聴くためにはフラッシュのプラグインが必要です。